高知初上陸!熱を激減させるエコ型新塗料「タフコート」を販売!!耐震補強から各種リフォームまで、お家のことなら何でも承ります。

電話番号

塗料に含まれる「熱交換分子」により熱エネルギーを運動エネルギーに交換し、熱そのものを消費する次世代のエコ塗料です。塗装面の温度は一般の塗料と比較し10℃以上低く室温5℃下げる効果があります。電気料金削減・Co2削減・ヒートアイランド緩和に効果的な次世代エコ塗料です。

 

  従来の反射や断熱の考えとは全く違う塗料!!               

 

太陽光線が塗料の表面に当たると、その中の赤外線の一部が熱エネルギーに変わり、
塗膜内で分散、移動をします。塗膜には熱交換用の特殊な材料が入っており、
熱が接触するとたちまち、その特殊材料のエネルギー変換が起こります。表面層で
起こる為に大半の熱は電気エネルギーとして消費されます。平成28年6月に電気エネルギーに変換していることが判明しました。

 

熱交換塗料の利点!

  1. 濃色塗装が可能。
  2. 塗料表面が汚れや摩耗、傷がついたりしても放熱効果が低下しない。
  3. もともと光沢がでないので、安価で広範な樹脂が利用可能(屋根や防水層のトップコートに)

 

従来の遮熱塗料との違い

     熱交換塗料     一般的な遮熱塗料
原理 塗料に混在された特殊素材により、熱に反応し運動エネルギーにより熱を消耗させる 塗料に混在されたセラミック素材により、太陽光(赤外線)を反射
効果 ・熱消耗による室温上昇抑制効果
・反射熱を消耗させ照り返しを抑える効果
・ヒートアイランド現象緩和
・冬場の暖房効率負荷軽減
・結露防止や防水コートの保護
・太陽光反射による室温上昇抑制効果
・結露防止や防水コートの保護
経年劣化 熱に反応するため運動エネルギー作用には影響せず、熱消耗効果は衰えない 塗装面に汚れが付着してくると反射機能が衰え、太陽光反射効果が薄れる

 

 

導入事例※ほんの一部です。

個人住宅屋根(全国) とべ動物園(松山) 国土交通省(通学路) 小学校屋根(群馬) 保育園(静岡)

 

 

こんな場所に適しています。

  1. 建物の屋根、屋上、壁

    室内温度が下がり空調負荷が減少し、夏季の電力消費が低下。更に結露改善効果も有り。

  2. 防水のトップコート

    防水層を保護し、製品寿命が延びる。

  3. タンクの外周、天板、冷却塔、冷却水配管

    温度低下で溶剤の揮発量、チラー※の付加減少。
    ※チラー:水や熱媒体の液温を管理しながら循環させること。

  4. 歩道、舗装グランド、駐車場

    照り返しが弱まり、夏場のヒートアイランド現象緩和。

 

こだわりのリフォームメニュー

 

こうち住まいのecoスタイルBOOK【2013年度 保存版】にて弊社のご提案する熱交換塗料が紹介されました。(P40に掲載)