高知初上陸!熱を激減させるエコ型新塗料「タフコート」を販売!!耐震補強から各種リフォームまで、お家のことなら何でも承ります。

電話番号

大地震の被害者の大半は圧死!?まだ遅くはありません!

阪神・淡路大震災では犠牲者の内約84%が住宅や家具の下敷に。5千人以上が救われた可能性が…

阪神大震災今も私たちの記憶に残る阪神・淡路大震災では10万棟を超える住宅が全壊し、6千人を超える犠牲者が出ました。その中のなんと84%の方が、住宅の倒壊による下敷きや、家具の転倒が原因の圧死によるものでした。これは言いかえると、住宅の倒壊や家具の転倒がなければ5千人を超える、尊い命が救われた可能性が非常に大きかったと言えるでしょう。

 

戸建住宅の重さは約30トン~40トン倒壊して人にのしかかったら…

阪神大震災東北地方太平洋沖地震でも建築物の全壊・半壊合わせて10万棟以上。戸建住宅の重さは約30トン~40トンぐらいあります。それが倒壊して人にのしかかったらひとたまりもありません。
よく私どもは、「地震がきて壊れてから直したらいい」「耐震補強をしても絶対に壊れないとは言えない」などを、お客様から耳にしますが
そうじゃないんです!命を守るための耐震補強なんです!!

まずは、みなさまのお住まいの耐震の強度を知ることから始めましょう。

耐震診断チェックシート(※当てはまる項目をチェックしてください。)
(家の外側)
 土台が腐っていたり、シロアリの被害にあったことはありませんか。
 基礎のコンクリートに亀裂が入っていませんか。
 外壁にすき間や亀裂はありませんか。
 モルタル壁に、亀裂やひびなどが入っていませんか。
 ひさしの下側が腐っていたり、すき間があいていませんか。
 瓦のずれ、割れなどはありませんか。
(家の内側)
 雨漏りはしていませんか。
 歩くと床がきしんだり、傷んでいるところはありませんか。
 ビー玉や丸鉛筆が床の上で転がりませんか。。
 建具の建て付けや、動きの悪い所はありませんか。。
 台風などの時に、家全体がよく揺れませんか。。

 

 

 

当社は日本木造住宅耐震補強事業者協同組合員です。

森野 保臣
二級建築士・耐震診断士 森野 保臣
耐震診断士による精密な計算に基づいて補強する箇所を割り出し、施工していきます。

 

実際の工事費用

耐震工事費用 補助金 実際の工事費用
M様邸の場合 2,503,810円 -1,849,000円 654,810円
N様邸の場合 2,157,190円 -1,849,000円 308,190円
U様邸の場合 2,042,385円 -1,849,000円 193,385円
I様邸の場合 1,784,500円 -1,784,500円 0円

お客様の声

I 様邸・耐震工事

若くて元気なスタッフさんたちが、朝夕の挨拶もきちんとしていて、とても安心できました。
ご近所の方にも評判の仕上がりです。

 ※昭和56年以降のお住いにつきましても耐震診断無料です。

 耐震補強施工・改修事例 

 

耐震補強_01 耐震補強_02 耐震補強_03 耐震補強_04
基礎を補強します。 柱頭柱足を金具で接続します。 面材耐力壁の下地をします。 面材耐力壁を張ります。

少しの補強だけで大地震でも倒壊しない強い家に生まれ変わります。

※耐震改修工事価格例

耐力壁補強
(㎡あたり)
50,000円
金具補強
(N値計算による)
250,000円
基礎補強
(㎡あたり)
22,000円

 

耐震改修

 

 

 

 

 

 

 

こだわりのリフォームメニュー

 

こうち住まいのecoスタイルBOOK【2013年度 保存版】にて弊社のご提案する熱交換塗料が紹介されました。(P40に掲載)